飛鳥・奈良カテゴリー

聖徳太子から藤原不比等・孝謙女帝ころまで。メインは中臣鎌足!

連載作品

時空の彼方から  時雨編 ( 古の家刀自編一ノ章 )

目覚めた上宮時雨の目に映るは藤棚とただ一人の幼き子ども。目があった瞬間に血が悟る、それは「上宮王」の幼少時の姿であることを。 古代飛鳥の地に渡った時雨が、厩戸皇太子とともに「時空の恵し子」の真実を探ろうとし、三島の中臣宗家に旅立つまで。
時雨と厩戸皇子(8歳)を取り巻く大王家の話。海人編より30年前。

2011/3/17   更新 ・・・ 最新13幕はこちらから

時空の彼方から

時空シリーズ本編 海人編登場人物紹介 時雨編登場人物紹介

時空の彼方から - 海人 - 斑鳩編 全17幕

飛鳥時代にタイムスリップしたごく普通の高校生上宮海人は、そこで姫巫女と名乗る少女と出会い運命が始まる。

時空の彼方から - 海人 -  蘇我編 連載予定 (時雨編一ノ章終了後)

斑鳩の炎上を見て後、海人は時空を渡る手段を求めて姫巫女とともに「上宮王」縁の人物を訪ね歩くが・・・。

時空の彼方から - 時雨 -  古の家刀自編一ノ章 連載中 (2011/3/17   最新更新)

時は昭和二十年。上宮時雨は生まれながらに「忌み子」といわれ、館の離れに幽閉されて育つ。

時空シリーズ外伝

かの日の兄弟 全1幕

鎌足が自らの命の期限を悟ったころ。大海人が剣の舞を演じ、刃にて皇太子の命を狙ったとされる事件の話。

遠き日の誓い 全1幕

鎌足と金の幼い時の話。蘇我家により三島本家が滅亡した際の話。

未知を繋ぐその時 全1幕

内臣を拝命した鎌足は国政に関心を持たず、一人政務所で閑職に身を置く。そんな鎌足を海人は心配し・・・。

桜が誘う時の扉 不定期連載中 (2012/01/31   最新5章はこちら)

上宮海人は四歳。本編で話に出ている最初に時を渡った時【神隠し】のお話。鎌足との出会い編。

胡蝶の夢 全1幕

吉野に逃れた大海人はそこで隠遁するような生活を送る。専ら彼の膝には一匹の黒猫がおり、そのネコを鎌足と呼ぶ。

真経津鏡 -まふつのかがみ- 全5幕

浄御原帝と讃良女帝が特に慈しんでいた一匹の黒猫「鎌足」。その猫が、平城京の藤原不比等邸に現れ・・・。

時の巫女 不定期連載中 (2011/12/4   最新2章はこちら)

天から落ちてきたのだ。八束はその少女・・時の巫女「奏」を自ら受け止めた。藤原四子などの藤原家のお話。

斑鳩の歪み 全1幕

斑鳩聖王の嫡子山背大兄王のお話。偉大な父に対する葛藤や時雨との関わり。そして四歳の鎌足との出会い。

輝けるものシリーズ 【登場人物紹介】

輝けるもの 現在11幕まで 連載休止 加筆修正中

蘇我本家滅亡後、政務所にこもっている内臣中臣鎌足のもとには、相談事と称して客ばかり現れる。

輝けるものシリーズ外伝

輝けるもの外伝  - 額田の恋語一夜 - 全2幕

額田と高市の昔語。ただの一度。少女の額田が月光の下で出会った青年。その人に恋をして・・・忘れられず・・・。

輝けるもの外伝  - 額田の恋語二夜 - 全1幕

額田と高市に讃良女帝を加えて昔話。一夜の続き。額田の初恋の人との再会話と、そして中大兄皇子との出会い編

輝けるもの外伝  - 額田の恋語三夜 - 全1幕

額田を訪ねてきたのは時の権力者藤原不比等。その姿を見つめながら額田は遠き昔を思い出す。

古代小説

卑弥呼 - 夢愛でる巫女 - 全4幕

大和朝廷の皇女倭迹迹日百襲姫命(通称日照皇女)は、国の家刀自として兄たる大王の后となるか、巫女となり国の平穏を祈るのか15歳で迫られる。

飛鳥小説

夢と現と未来と 全5幕

高市の異母妹十市へ恋心。そして親友の中臣史との関係。恋しく恋しく、だがその恋は適わず、十市は大友の妻に。

鎌倉・室町カテゴリー

平清盛・時忠義兄弟と源義経・頼朝兄弟メイン

約束シリーズ本編 (義高編)登場人物紹介 (駒王編)登場人物紹介

約束 - 鎌倉夢伝説 - 義高編 全7幕

源平争乱時代。鎌倉御所に人質として赴いた「義高」から見た鎌倉御所の人々と、彼に訪れる悲劇の最期のお話。

約束 - 鎌倉夢伝説 -  駒王編 4章まで。連載休止

義高瓜二つの幼子「駒王」と鎌倉御所頼朝の娘「大姫」から見た時代の流れや、御所の人々の話。

約束シリーズ外伝

ある日の回想 全1幕

夢うつつの頼朝は、弟義経の顔にふと遠き昔を思い浮かばせる。頼朝の義経に対する愛憎。

時を愛するモノ 全1幕

清盛の若い頃の話。館に出入りする水干姿の稚児を女の子ではないかと清盛は思い込むが。

兄と呼ぶ人は・・・ 全1幕

義経が鎌倉で過ごした日日の話。兄命の義経のあまあま攻撃に辟易している頼朝とその邪魔をする政子。

想う 全1幕

都での義経の話。兄恋しくて佐藤忠信にちょいと甘えている義経。それに辟易した忠信は「恋をしなさい」と繰り返し・・

いとやさしき日日 全1幕

鎌倉の義経の話。とある狩で一番になり褒美として義経が兄に望むことは・・そして政子が激怒します。

平安時代小説

淡い恋に  - 清少納言恋語 - 全2幕

清少納言が幼き日の定子と道長を語る。道長は姪の定子を将来は妻にと考えつつもとある父兄の陰謀に巻き込まれ。

小さき花一輪  - 源氏物語 - 全2幕

「源氏物語」一説「若紫」より。光源氏は思いを寄せる藤壺に面差しを似通わせる一人の少女を見つける。

小町の忘れ子 全6幕/外伝1幕 登場人物紹介

小野小町とその子供の話。小野家息女暁子は皇后橘喜智子に仕えるが、そこで深草帝の目にとまり更衣となることに。