幕末小説一覧

長州藩桂小五郎と新撰組土方歳三がメイン

連載作品 (現在は休止中)

宵ニ咲ク花ノ如シ 

薬売りの歳が気まぐれで覗いた練兵館道場。その端で竹刀を無心で振る寄宿生の一人の青年に興味を引かれる。
武士らしくなく「武士は好きではない」と微笑む青年の名は小五郎。
互いにただ一時を共有し、そして別れ、また再会と繰り返す。二人の男の幕末を追う。

2010/03/02   更新 ・・・ 最新8幕は【こちら】から

宵ニ咲ク花ノ如シ

幕末長州藩(桂さんシリーズ)長編 幕末長州登場人物紹介

更新アイコン   叔父上様と私 不定期連載中 (2015/7/6 最新1話は【こちら】から)

杉家四女ふみと、その叔父玉木文之進を中心に続くお話。幼少期メイン。ちびっこ志士も登場します。

高杉と桂   始の章 全9幕

幼い頃から大好きな近所の幼馴染の桂小五郎を追って、昌平坂入塾のため江戸に留学した高杉晋作は・・・。

かげろひ  出会い編 全7幕

幻想物語。幼き桂が九百年以上生きている誇り高き銀狐に憑かれてしまったことからすべてが始まる。

狐が誘う遠き桜 不定期連載中 (2012/12/07 最新2話は【こちら】から)

冬の日に銀狐の森にて桂と山縣は銀色の光に包まれる。二人が目を覚ますと、そこは桜が馨る地で。

桂と高杉  50のお題 全50話完結

長州閥(桂&高杉中心)50のお題。一人称で全話展開。基本的に桂(私)が高杉(君)についてを語る。

光と陰 全9幕

長州の内乱の後、奇兵隊開闢総督高杉に命じられて、桂の護衛をするころになった山縣狂介。

幕末長州藩 (桂さんシリーズ) 短編

更新アイコン   天からの贈り物 全2幕 2016/8/26 更新

桂と幼き高杉がお祭りに出かける話。その二人の付き添いになった大人げない大人2人の押し問答が長く続くはめに。

酒は憂いの玉箒 全1幕

功山寺決起の成功により萩に戻った桂は用談役という事実上の宰相の地位につき、政事堂で毎日政務におわれ・・

世話焼きの後輩 全1幕

その日、不意に訪ねてきた大久保に夕食にうなぎを食べにいこうと誘われた木戸。うなぎが苦手な理由を話す羽目に・・

初夏を告げる花 全1幕

季節は晩春。庭の藤の花が蕾のころ。桜山で療養中の高杉と、その世話女房となっている山縣の話。

添うてうれしい 全3幕

ある日奇兵隊総官の赤根は女を拾った。山縣は三度も女に振られた。さて高杉は・・そんな二人をからかって遊ぶが。

全1幕

病状に伏す高杉晋作のもとに、ある春の日。一人の女性が見舞いに訪れる。それは桂小五郎の妹のハルだった。

思い出を重ねる 全3幕

東行庵においての高杉晋作の療養の日々。来るなと言いつつも、見舞いにはこない桂を待ち続けている。

傍らにある存在 全2幕

幼馴染との過ごした宝物のような一時の夢。されど目が覚めた桂の先にあるのはあらがうこともできない現実で。

幼なじみ 全1幕

幕末期の高杉と桂。少しばかり冷たい桂が気になってならない高杉は料亭で暴れくるって。誕生日話。

誰がために 全1幕

明治に入っても誕生日はいつもみんなが祝ってくれる。仲間たちに囲まれながらも、心は子供時代へかえっていき。

共にあること 全1幕

高杉が病に倒れたころ。ふたりともに「共に在ること」を願い続け、いつしか「心」での思いにたどり着く。

おさな心 全2幕

井上勇吉は八歳。聞多が桂を女と思いこんでいたころ、井上、高杉と桂とのひとときの話。

忘れたき初恋 全1幕

お子サマ井上勇吉VS高杉晋作。井上の勘違いによる桂をめぐっての三角関係? 後年、伊藤との回想話。

手と手が希う 全1幕

高杉と桂の子供時代の話。ひたすら高杉は桂さんを追いかけ独占をしていたころを回想で。

帰国して後に 全1幕

但馬潜伏より萩に帰国がかなった桂は政治堂に向かうが、そこには険悪な雰囲気が広がり同僚より冷たい視線が。

僕に見せる表情 全1幕

伊藤博文から見た幕末期の桂と、明治の木戸。変わらぬ思いを伊藤は誓う。

魔王の如し笑み 全2幕

桂は潜伏先を村田蔵六にのみ報せた。内乱後に高杉は村田に詰め寄り、あの手この手で村田を脅す。

新選組関連

心意気 全1幕

「土方+桂」話。薬売り途中の土方歳三と、練兵館塾頭になる前の桂の物語。

少年のころ 全1幕

試衛館時代の沖田と土方の話。試衛館に内弟子として入った惣二郎。土方と沖田との出会い。

空へ 全1幕

試衛館時代の沖田と土方の話。沖田の土方に対する思いと誓い。2人はどこまでも一緒に歩いていけるか。

惣次郎の内職 全1幕

試衛館時代の沖田と土方の話。沖田の【趣味?】呪い人形作りで、試衛館の家計を握っている沖田。

幕末五〇のお題 全50幕

土方中心で新選組話。若干長州閥(桂小五郎)が入る。当お題は土方は桂の正体を知らずに仲良し設定。