ブログ新着記事

SS小説頁にアクセスする際はパスワードが必要です。パスは木戸公の誕生日8桁(旧)

2018-11-05 保護中: 明治保育園 市ぃの弟と板垣の恋 14

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

15:14 | カテゴリー : SS連載 - 市ぃの弟と板垣の恋 - 明治保育園コメント(2)

« »

コメント

  • 深夜さま、こんばんは!

    風邪、つらいですね;;
    乾燥する季節で、私の周りも体調を崩す人がちらほらです。
    深夜さま、東京へ行かれるとのこと、お気をつけて行ってください…!!

    いま「元老」という本を読んでいるのですが、めちゃくちゃ面白いです。
    元老の人生、一人一人色が全然違うので楽しいです。
    西園寺の生きた昭和まで読んで、本当にお疲れ様…と言いたくなりました^^

    玄上、どこへ行ったのでしょうね。どこかの蔵に保管されているのかも…。
    白雲神社の琵琶は薩摩琵琶なのでしょうか、何とも不思議な模様?のデザインの琵琶でした。飾ってあるところを見ると、西園寺家の琵琶なのだと思うのですが…。金閣寺が元西園寺ということなので、そちらにも何か残っていないかな…?

    大隈は食えない政治家ですね。隈を追いつめられるのは、抜け目ない原君ぐらいじゃないでしょうか。原vs隈、大好物です。
    もしかすると、伊藤の後継は桂でも西園寺でもなく、原だったのかも…なんて思ってしまいました。
    南部英磨は、熊子さんの旦那さんですよね?あの夫婦…色々あったんだろうなと切ないです。原くんと仲が良いのですか!気になります~。
    そういえば、隈が溺愛した熊子さんは、隈の前妻に生き写しだったそうです。美人だったらしい…。何で別れたんでしょうね?
    綾子さんは小栗の血縁ですし、大隈さんは綾子さんには頭が上がらなかったらしいので、このへんも考えだすと興味が尽きません。

    なっ…八太郎さんが馨さんを奪い取るルート…!?
    深夜様の描く隈さん、超かっこいいので、それはもうカッコイイです!! ただ、馨さんとめちゃくちゃ年の差ありますね…!? 実父の中井さんが交際を認めてくれるかが難題ですね…。
    保育園では、清浦ー尾崎、梶取さんー板垣など、まさか!?なコンビが誕生しているのも、とっても楽しいです♡

    >聞多と中井、馨さんと大隈が私には不足してしまって悲しいので、
    ちまちま書きたいものですね。
    ぜひぜひー!!! 正座してお待ちしておりますっ!!
    どちらも切なく、素敵な関係です…!

    私もひとつ、別の人物と一緒に井上と大隈の関係についてお話を書いてみました。
    なぜあそこまでもつれてしまったのか、そのへんを説明していなかったので、補足的な感じです。

    風邪ネタ、お待ちしております。
    深夜さま、お体にお気をつけて、これからも応援しております…!!

    2018-11-08 22:41 | 管B

  • こんばんは、管Bさま。
    風邪は完治したのですが、そのツケが襲ってきて妙に多忙な日々になってしまいました。
    実家から帰ってくると水道管は水漏れを始め、さすがに目が点。この頃、ツキが全くなくて泣けてきます( ;∀;)
    私にツキを強運を誰か分けてほしいものです。

    「元老」ですか。それは読んでみたいです。西園寺の一生、興味ありますね。
    白雲神社の琵琶は薩摩琵琶の方なんですか。
    琵琶にもいくつもの主流があって明治では薩摩琵琶が大成だったようで、名人も出ていますよね。島津忠義お抱えでしたっけ。
    西園寺家の琵琶、今、ものすごく興味があって見に行きたいものです。

    伊藤の後継者は原だったかなぁと私も思うんですよ、この頃。
    どことなく伊藤と原は似ていますよね。ガタさんとも表向きはうまくやっていましたし。
    原があんなことにならなければ、最期の元老になっていたかもと思っていますし。元老の増員の際に「原が生きていれば」と平田が言っているところを見ると、原ならばありだったのかな、と。
    熊子さんはなんと元奥さまに瓜二つとは。なぜ離婚したんですかね。綾子さんを妻にした件、本当に謎です。小栗の件も合わせて興味ありますね。
    小栗の名が出るとどうしても頭がお宝にいってしまいます(‘◇’)ゞ

    明治保育園では、かつてのしがらみは大隈と馨さんとの間にはなくなっているので、
    大隈の年の差を超えた略奪愛~~萌えませんか?
    まぁ相手は化け狐なのでそうは簡単に許さないと思いますが。
    しかも大隈なので妻の綾子さんがいても、しれっと何食わぬ顔で恋人になりそうです。
    中井は父親として化け狐は論外ですが、大隈も認められませんね。誰ならいいのかな、中井。きっと誰でもダメなんでしょうけど。

    11月は何かと仕事に振り回されそうなので、12月になったらゆっくりと馨さんと大隈の愛憎を書こうと思っています。
    益田の誕生日が明日だと今気づきました……。
    何かほのぼの系でも書いてお祝いして、何日か遅れで墓にナムナムしてきます。

    馨さんと大隈の話ですが。それは大好物です。今から読みにうかがわせていただきます(ぺこり)

    東京はおそらく16時間しかいないという超強行スケジュールです。
    雨は降らないでと祈りつつ、とりあえずは憲政記念館と護国寺、鳥居坂、内田山、長谷寺。早稲田などなど行けるだけいってきます。
    ネタと気分を仕入れて、ちまちまと頑張ります。

    いつも貴重な話をありがとうございます。

    2018-11-11 01:32 | 萩原 深夜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です