ブログ新着記事

SS小説頁にアクセスする際はパスワードが必要です。パスは木戸公の誕生日8桁(旧)

2018-11-17 史跡巡り 東京に行ってきました。

 

 
 わずか16時間の滞在の東京!
 およそ10年ぶりに行きましたが、やはり見事に人、人人たらけ。田舎ものの私には恐ろしい場所です!
 
 
 【ルート】鳥居坂→内田山→毛利庭園→長谷寺→青山霊園→浅草→日本橋→九段→護国寺
 
 
 護国寺のあとに早稲田の大隈庭園、椿山荘、憲政記念館と続く予定でしたが、予定はとん挫しました。
 理由は明確です。
 益田の墓が見つからなかったのです。
 
 
 今回の東京への旅の目的は、
 馨さんの住居付近の行程さなどの見学。長谷寺に馨さんの墓参り。木戸さんの九段の住宅の位置を確認。
 そして護国寺にガタさんや大隈に会いに行きつつ、益田に会いに行くのが最重要だったのです。
 護国寺を4周、3時間いても見つけられなかった。皆さんの墓巡りをみてもそれほど見つけづらいと書いていないのに、なぜか私には見つけられなかったのです。益田はきっと私に会いたくないのだと泣き泣きしました。
 烏がなく夕暮れ時間になってもあきらめきれなくて、人がいないお墓をめぐるのははっきりといって怖かった・・・・
 スマホで位置を断定しようとしても位置だけは書いていなかったのです。
 こんなに悲しかったことは久々です。
 最後に益田はきっとまた来なさいといっているのだろうなと思い、泣く泣く護国寺から出てきました。
 誰か寺関係の人がいないか探したのですが、誰もいなかった。社務所もでこなのかいまいちわからず……こんなに悲しいとは。
 
 
 きっと木戸さんやガタさんは好きになって何年か経って訪問しましたので、益田は早かったのでしょうね。
 ですが団琢磨も見つけられなかったのです、私。もともと方向音痴で方向が分からず迷う性格なのですが、4周して見つけられないのは異常かもしれません。ついでにこのルートを歩き回っていたので足が限界で、帰ってきた今も湿布のお世話になりつつ、歩くとズキリです。
 
 
 護国寺で池田成彬の墓は見つめられたので、残り三井総帥二人は出てきてくれなかった。
 青山のあの広大な場所は墓の位置に番号が振ってあるので、大鳥さん墓にはすんなりと行けたのに……。
 リベンジを誓いました。今度は時間をとっていくことにします。
 
 
【鳥居坂】AM6時30ごろ
 

 

 
鳥居坂。聞多の邸宅です。訪ねるまで聞多の邸宅は山頂だと思っていたのですが、どうも中腹ですね、ここなら。
現在の国際文化会館の一帯とのことです。私はずっとフィリピン大使館近くだと思っていたのですが。それなら山頂なんですよね。
それにしても函館も坂が急な場所ですが、ここも負けず劣らずの場所です。
 
 
【内田山】AM7:00ごろ
 

 
鳥居坂よりこちらに邸宅を移しました。
現在の六本木高校周辺が内田山に該当するとのことです。広いですね。
内田山は「山」とつくので確かにやや小高いところにあります。
このあたり道が入り組んでいるので、位置情報がないと迷いますね。
 
 
途中で歩いているとTV朝日の前を通ったので、あっ毛利庭園だと思い立ち寄りました(笑)
六本木高校から長谷寺まで25分ほど歩いたのですがけっこう高低差が。
健脚にはかなりの自信があるのですが、すでに足が悲鳴をあげていました……( ;∀;)
 
 
【長谷寺】AM7:30ごろ

 
 
馨さんの墓です。井上一族の墓の広さは別格ですぐに出会うことができました。
かなりこの場に座ってナムナムしていました。
やはり聞多も家から近いこの寺を墓所にしたのかな。考えたら大隈もガタさんも近い場所ですし。
益田は御殿山から離れていますが、三井関係、けっこう護国寺で、宗派は真言だったとのことなので護国寺で納得です。
それに護国寺はお茶関係の縁が深い場所ですから、
 
 
【青山霊園】AM8:00ごろ
 

 
 大鳥さんの墓はあらかじめリサーチしていったので分かりやすかったです。
 かなり日がさしていて写真は映りがよくないですが、
 大久保さん墓はスルーしていて戻りました。別格な場所てすが墓が青銅っぽくてスルーしてしまったみたいです、私。
 その他、多くの偉人さんを見つけしましたが、手を合わせてスルーしました。時間が限られていますしね。
 芳川は止まって写真を一枚。あまりに大きくてびっくりした三島通庸は誰の墓が確かめにその場にいってしまいました。あれだけの大きさはまずない! 墓石が違う方角を見ているので意図的にそうしたかと思ったら地震の影響だったらしいです。
 青山には一時間くらいかかりました。その後上野に行き浅草にいって頼まれた亀十を購入。並びました!
 
 
【日本橋】PM1:00ごろ
 

 
やはり三井の本館は見たくて日本橋には行きました。
圧倒されますね。大正にこれが建っていたと思うと当時は通る人みんな見上げたことでしょうと思いつつ。
ついライトアップになるかなと思って夜にもいってしまいました。
完成したときには益田はまだ生きていたんですよね。感慨深いです。
 
 
【九段下】PM2:00ごろ
 
 

 
方向音痴を自覚する私でも位置情報があれば、けっこうサクサクと回れます。
現千代田区役所周辺。
大隈重信が築地から移動して、有楽町や錦糸町など転々とし、この雉子橋邸に1876年に移りました。6年ここにいたとのことです。
大隈庭園にいけなかったのが心残りです……今回( ;∀;)
 
 

 
 
九段下にあった木戸孝允本宅場所周辺。現九段中等学校付近。
靖国とこんなにすぐ近くとは思いませんでした。
ついでに品川弥二郎像も見てきましたが、品川像のところは品川の邸宅周辺と考えているのですが、
確かガタさんと並び立っており、ガタさんが椿山荘に移る際は富士見の邸宅は品川に譲ったとあります。
靖国周辺の位置ともあっているので、この周辺がガタさん宅と考えると、確かに馬で木戸さんところに「下りて行った」とある通りに近い。やや木戸さんのところが坂下なので「下りていく」なのでしょうね。ふむふむ。
 
 
【護国寺】PM3:00
 

 
まさかここに3時間かかり、それでも目的を達成できないとは夢にも思いませんでした。
憲政記念館と大隈庭園を泣く泣く諦めました、ここで。
三度めの訪問。東京に来ると必ず立ち寄る「護国寺」
おみくじを引いて「大吉」だったので幸先良し~と思いきや、とんだ落とし穴が。
 
 まさか益田の墓が見つからないとは夢にも思いませんでした。
 墓の写真を見てビルなどの位置などと合わせてがんばったのですが、見つけられませんでした( ;∀;)
 ガタさん墓と大隈墓、三条さんや市ぃは分かりやすいですし、平田も少し歩けば見つかります。今回は池田成彬の墓も見つけました。
 せっかくなので文化財でもあるらしい三条さんの墓を載せておきます。
 
 
 益田の墓が全く分かりませんでした。胸像などもあり分かりやすいと思うのですが、ダメです。
 道行く観光客に見かけなかったかと訪ねましたが、分かりませんよね……確かに。
 今回最大の私の悔いです。見つけづらいとなかったので見つかると思ってしまった……。
 夕暮れ時、烏がなく中の散策ははっきりといってとっても怖かった。益田~~と叫んでしまいましたが、見つかりません。
 リベンジを誓って護国寺はあとにしました。
 いろいろな方の墓を見つけましたが、益田はどこにいるのでしょうか??
 
【東京駅】PM8:00ごろ
 


 
 
夜でもここは行けるので、あえて夜にしました。ライトアップが美しい東京駅は周辺を歩いていると別世界な気分で、まるで日本ではない雰囲気を味わえました。
またいちばん最期にいこうと決めていた原敬が暗殺されたこの場所!
原関係は盛岡にいった際に記念館に行くつもりがやめてしまったのです。今となってはそれも後悔。行こうとおもったときに行かないとなかなか次に行けないものです。
  

 
ライトアップされたスカイツリーもせっかくなので見てきました。
やはり下から見るとすごい迫力です。
 
 
長州藩邸があった日比谷公園は真っ暗だったので少し歩いてやめました。近くの帝国ホテルを見てすごいなぁと感慨深くなりつつ。
この周辺ではまだまだ益田の墓が見つからなかったショックから抜け切れずとぼとぼ歩いていたものです。
箱根駅伝好きとして読売新聞本社に行き、歴代優勝校を見て、日本橋に行き三井本館をもう一回目に焼き付け、それでも私のショックはおさまらなかった。いっそ真っ暗でも御殿山にと思ってしまいましたが、真っ暗だとダメですね、さすがに。
 
 
身軽さを重視してスマホのみでの撮影にしましたが、やはり画素数が気になりますね。
しかも充電が切れるのが早くて、昼時に一度、充電スポットに入って充電しないとならないことになりました。
やはりデジカメも必要だと実感中です。
 
 
今回泣く泣く諦めたものなどリベンジをしたいものです。
できれば18時でもまだまだ明るい時分に。そうなると暑いか。今回くらいの気温がちょうどだなぁと思います。散策には。
益田に会わないと悲しいばかりなので、次は小田原や横浜も合わせていきたいものです。
次こそは、と思いつつ、今回は馨さん関係は行けたので、まぁよしとしようと今、無理やりに言い聞かせています。
 
 

01:41 | カテゴリー : 写真コメント(0)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です