ブログ新着記事

SS小説頁にアクセスする際はパスワードが必要です。パスは木戸公の誕生日8桁(旧)

2018-11-20 保護中: ちびちびさんのある日の失踪事件 1

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

00:08 | カテゴリー : SS連載 - ちびちびさんたちのお話コメント(2)

« »

コメント

  • こんばんはー!

    楽しいお話、読ませていただきました!
    12月は忘年会、東京に大磯にと、慌ただしいので、いまのうちに小説をたくさん書こうとしている管Bです。

    西園寺の死ぬ前に「この国をどこに持っていくのや」と嘆いていたとのこと。益田くん以上に家庭がぶっ壊れまくった人だと思うんですが、本を読んで、さすがに死ぬまで国に尽くす姿勢は圧巻で、最後の元老なだけあるなあと思いました。
    原くん元老に…なれたかもしれませんね。原くんも是清も暗殺されましたし、政友会は、初期の総裁で暗殺されてないのは西園寺くらい?と思うと凄まじい党です…。
    原くんを首相に話、ぜひ読んでみたいです。

    琵琶の精たち、超可愛かったです!
    琵琶いいな~あの音、形、私も大好きです。
    続きが気になります!ちび馨さん~俊輔がいないのが悲しいですね。うるうる…。やっぱりお神酒はいつも双子みたいにくっついているのが楽しそうで…。

    隈さんの略奪愛、罵り合い、ぜひともお待ちしております!!!深夜さまの隈素敵すぎます…か、かっこいい…。
    井上と大隈も、本音で向き合わないと言いますか、目をそらして、「つかず離れずの大人の関係でいよう」としてるのも、もどかしくて萌です。
    益田くんや中井さんとはまた違った形で、こじれているような。お互いかっこつけて、本気になるのは野暮みたいな態度している…。とか妄想してしまいました。

    馬越はぶっとんでると思います笑!!
    キャラクターは、天真爛漫で可愛いですがね…。語尾が「~でげす」ですし(そこ)あと、井上系の実業家の中で唯一?政治家もやったりするので、自分色を突き通さないというか、一番馨に忠実な人かなと勝手に思ってます。
    伊藤博文の神社を建てたり?英語力のなさを指摘されて岩下清周をソロバンで殴ったり、べらんめえ調で刺客を追い返したり…。
    腹踊りが得意で、その腹踊りの動きが激しすぎて、馨さんに手足がぶつかりそうになり、「馬越もうやめてくれ!」と言われた話など昔読んだ気がするのですが、爆笑しました。楽しい人です。

    さてさて先日、都筑馨六の本を読んだのですが、色々衝撃でした。馨さんの周辺からは評判が悪く、「人情がない」「官僚の権化」と呼ばれる都筑…。でも読んでいくと、もとは文武両道に優れた美青年で、真面目で明るい性格だったらしく、なんだか切なくなり、都筑好きになってしまいました。

    馨さんの婿は桂さん以外認められませんか。ああ~。
    可愛いお嫁さんをもらって、子どもを作ってほしい中井さんの気持ちはめちゃ分かります…!聞ちゃん、実の娘を長州に残してきた過去もありますしね。桂さんに妹でもいれば…!中井さんも孫なら可愛いがることができるかも…?

    ではでは、素敵なお話を楽しみにしています!
    私は今のところ元気ですが、寒くなったので健康に気をつけようと思っています。
    深夜さまもお気をつけてー!

    2018-11-22 00:28 | 管B

  • 今晩和、管Bさま。

    もうすぐ12月ですね。東京に大磯ですか。羨ましい。
    こちらはもう雪なので、いつ飛行機が欠航するかしれないシーズンが始まってしまいました( ;∀;)
    冬になるともう津軽海峡は超えられません……私も小田原とか行きたいなぁと思う今日この頃です。

    西園寺は最期の最期まで元老だったのですね。
    西園寺よりもなぜか平沼を先に調べたもので、もう頭には「全てが西園寺が元凶」と言っていたのが染みついていまして(笑)
    あの平沼にそこまで言われる西園寺も西園寺だと思ったりしていました。
    「元老」私も読んでみたいです。道立にでもあるといいなぁと思います。

    琵琶たちに馬鹿にされる西園寺が書きたくて(笑)
    けっこう隙の無いお人なので、琵琶たちにせせら笑われることしかないのかなと思うのです。
    琵琶、いいですよね。昔から好きなんですよ。雅楽に惹かれます。
    いちばんは横笛で、これには特別な思いが会ったりします♪
    ちび馨さんは相棒がいないのでやはり寂しいかな。
    お神酒徳利の賑やかさはないですものね。
    となると幽霊かな。うん幽霊にしますか。
    前に山縣のところに俊輔が幽霊で出てくる話を書いたので、それがいいかな。

    大隈が罵ってかなり馨さんをへこませ、追い詰める話を携帯の方で書いてはいるのですが、
    こちらは大隈関係で手こずっていてなかなかにアップできないです。
    12月に頑張ります。
    かっこよくない大隈になるかもですね。
    大隈庭園にも行けなかったのが悔しいので、次の東京でリベンジします。
    かっこつけの大隈と馨さん、激しく萌えるのですが……。

    馬越がそんな天然だったとは。
    江戸末期の商売人の語尾が「でげす」なんだそうで、それが馬越抜けなかったのかなぁと思っています。
    裸踊りで馨さんがたじたじになるの面白いですね。
    サッポロビール園、ちょっとみてこようかなという気になりました。
    馬越といったらビール!
    あの岩下を算盤で殴るなど最高です♪

    都築は私にはどうしようもない男なのですが、若いころはけっこう良い男だったんですね。
    馨さんと出会って権力を持つようになってから変わったのかな。
    外務省の四天王の一人ですし、それなりに能力はあったと思うのですが、周囲から本当に評判は悪いです。
    逸話が逸話で……。
    馨さんと出会ったころはもしかしたら素敵な性格の美青年で、それで婿にした後に、あぁなったのかな。

    中井は父親なので難しい立場になったしまいましたね。
    ガタさんも木戸さんも一応は結婚する許嫁がいるので、木戸さんが結婚して子どもが生まれたら中井も……ダメですね。これでもきっと。
    中井は馨さんを独占していたいんでしょう。父親としてできる限り。

    それでは札幌から帰ってきましたらゆっくりと遊びにいかせていただきます。
    それを楽しみに札幌の二日間をどうにか乗り切ってますね。
    喉からの風邪が流行っているので、旅行に行かれる際にはお気を付けください( `ー´)ノ

    2018-11-24 00:46 | 萩原 深夜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です