ブログ新着記事

SS小説頁にアクセスする際はパスワードが必要です。パスは木戸公の誕生日8桁(旧)

2013-09-30 恋する独裁者 更新

 
 恋する独裁者 7章更新しました。
 

 
 意外とこの話は長くなる予感がします。なにせ洋行がありますので。
 洋行で木戸さんの怒りが爆発し、こてんぱに大久保さんをやっつける予定です。
 それまではとりあえずはイライラとながらも我慢。
 といってもイライラが爆発し、大久保さんに竹刀をふるいますが、我慢です。我慢。
 
 
 現在お話は洋行前の明治4年です。
 横浜に函館氷が発売されたのは明治4年なので、時期的にはあっているかな。
 アイスクリンについては明治二年。当時は2分という効果なもの。
 ついでにこの2分は現在でいうと8千円だそうです(>_<)      明治中期になると鹿鳴館でもアイスが食べられるようになり、  巷ではアイス売りなるものがおり、約1銭で販売していたという話があり。  1銭は現在でいうところの200円。まぁまぁ打倒な金額なのかな、と。      函館氷は五稜郭より切り出して販売しています。  ボストン氷よりもわほど品質が良かったらしいですね。  随分前にテレビで函館氷について取りあげていて、氷合戦は相当白熱していたことを知りました。      ここで告知です。
 
 
 裏館でアンケートをとりました。
 木戸さんの温泉旅行地ですが、全国津々浦々。水戸黄門なみに旅をすることとなりました。
 お供はその都度変わることになります。
 そして大久保さんが連れ戻しに来ますが、うまくかわして旅を続けに続け。
 温泉旅行がすべて終わるころには木戸さんの体も健康に(笑)
 
 
 この話。裏のSSで開始します。
 恋する独裁者と並行していきますので、興味がある方は裏館にアクセスしてみてください。
 
 
 
 【小説の予定】
 
 
 10/1 うたかた 白菊編 1章
    携帯裏連載続き
 
 
 現在ちまちまと小説連載を書いています。
 
 

19:19 | カテゴリー : 更新情報コメント(0)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です