ブログ新着記事

SS小説頁にアクセスする際はパスワードが必要です。パスは木戸公の誕生日8桁(旧)

2015-11-29 保護中: 明治保育園 – 置いてきたもの – 5

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

00:08 | カテゴリー : SS連載 - 明治保育園 - 置いてきたものコメント(2)

« »

コメント

  • お久しぶりです!ご無沙汰しています、管Bです^^

    明治保育園の「置いてきたもの」、いつも何が来るのだろう…?といつも楽しみにしています!今回も堪能させていただきました!太郎くん可愛い…

    それから、11/28の記念作品、読ませていただきました…!
    児玉愛二郎さんのお話はものすごく読みたかったので、とても嬉しかったです。ありがとうございます…!
    以前、愛二郎自身が良心からくる苦しみと、聞多との温かい交流を切々と語っている資料を読んでから、これはすごいエピソードだ…と思っていました。愛二郎が明治になって聞多との付き合いが深くなり、義務感や贖罪だけではない気持ちで傍にいるのが好きです。
    深夜様の作品として読むことができて幸せです。

    長々と語りすみません><;;
    これからも執筆、頑張ってください^^~!

    管B

    2015-12-02 22:08 | 管B

  • 管B様、今晩和。ご無沙汰しています(ぺこり)
    児玉さんの話を楽しんでいただけて嬉しいです。この逸話を知ったときは、本当に衝撃でした。まさか従弟が襲撃犯。プラス周布さんの息子・・・。
    この時代はなんだかこういう暴露話がはやっていたようで、実は重鎮を襲撃したのは自分、というのがけっこうあったとのことでした。
    児玉は従弟なのでどれだけ悩んだことか・・・考えているとつきませんね(>_<) 井上の系図はあまり見ないのですが、児玉は父方の従弟なのでしょうか? 確か親族に児玉家というのがあるので、そちら関係かな・・・と。調べることができませんでした(苦笑) 置いてきたもの、人数が多いですが、一人一人の置いてきたものを書いていきたいと思っています。 よろしくお願いします(ぺこり)

    2015-12-04 01:12 | 萩原 深夜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です