ブログ新着記事

SS小説頁にアクセスする際はパスワードが必要です。パスは木戸公の誕生日8桁(旧)

2018-09-24 保護中: SS 中秋の名月 (明治財界)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

21:27 | カテゴリー : SS - 弥之助と益田シリーズ - 明治政府・財閥コメント(2)

« »

コメント

  • 深夜さま、こんばんはー!

    中秋の名月ですね!
    背中合わせ~!栄ちゃん素敵すぎー!と思いながら読んでいると、弥之助登場で嬉しかったです。ブラコン弥之助、けっこう好きです笑
    馬越に隈さんまで出てきて、にぎやかですね。
    素敵なお話、ありがとうございました。中上川にくっついたら、益田、楽しかったかも…?

    藤田四郎の情報、ありがたいです。
    聞ちゃんの娘さんのうち、誰かが、従者と駆け落ちしたのをすっぱぬかれた…というのを聞いたことがあるんですが、それが聞子ちゃんかなー?とか、聞の字は聞多から取ったのかな?とか、妄想がつきません。

    ちび馨さんの方は、隈さんが相変わらずいい男で、ときめいております。深夜さんの優しい隈~。癒されます…。
    隈さんは、聞多に恋愛対象として選ばれてはいませんが、いつぐらっときてもおかしくないくらい魅力的で、その危うさに、常にトキメキを感じます…。危険な隈…!二人の旅行、とっても楽しそうです!

    いつも色々なすばらしい情報、お話、ありがとうございます。
    さっき、大隈内閣小説を上げてきたので、深夜さまの馨さんたちに、癒されました…。うう、避雷針…。隈~!

    それでは!

    2018-09-25 00:55 | 管B

  • こんにちは、管Bさま。
    中秋の名月の雷雨から半日ほどで晴天……なんだかなぁの気分です(*´Д`)

    益田の弥之助に抱きついた一件、かなり尾を引いて付け回される話が浮かんでいます(笑)
    中上川に冷笑はされるは嫌味は言われるが、朝吹はいっそ三菱に行け~と心底で思っているは、で愉快になっていますね。
    真面目な弥之助と益田だと、なかなかに面白い展開になってきそうですが、
    避雷針は弥之助だと許すのかな……?

    避雷針は背中合わせがお似合いな気がしています。
    たまに、そっと背中合わせで酒を飲んだり話をしたり。
    この二人はそんな関係がいちばんかもしれませんね。

    聞子のことについては史料が見当たらないので、本当に分かりませんね。
    藤田との間に子どもがいなかったようなので、子孫から話が出てくることも期待できないし。
    従者と駆け落ちだなんてドラマチックな! 馨さんの娘ならやりそうですね。
    娘と言えば、芳子ちゃんが全く消息が不明なので、やはり聞子ちゃんなのかな。
    芳子はどうしたのでしょうね……。

    大隈はきっと馨さんの保護者で親友だったのかな、と思ったりしています。
    大人な大隈。明治六年以来いろいろなことがあって、立ち位置が変わりすぎて。
    それでも大隈なりに馨さんを大切にはしていたのでしょうけど……葛藤がありすぎて泣けてきますね( ;∀;)
    その絶大な信頼感が、恋か愛になれば面白いとも思いますが、
    中井の証文脅しにさてさて匹敵しますかね。裏切り、裏切られての関係はとても興味ありすぎるのですが。

    大隈と馨さんがあんな壮絶な最後になるなんて……避雷針合わせて涙がボロボロです。
    息抜きがてら明るくはじけた話に走っていますが、
    私もちまちまと頑張ります。

    お読みいただきましてありがとうございましたm(__)m

    2018-09-25 12:44 | 萩原 深夜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です