ノベル画像

裏館【雲隠れ】は縮小運営中。本館は連載小説やお題など更新強化中。無料会員希望の方は【こちら】から。
現在当館連載小説について投票を実施中。【お気に入り小説投票
明治・幕末・戦国をメインに連載小説の更新は行っています。「宵待草」をよろしくお願いします。

最新情報

箱館戦争をモチーフにした【逝く者、いくもの】 を連載中。桂さん箱館編。七重浜夜襲まで進みました。
2015お気に入り小説投票 投票をお願いいたします。一新しました。

▼連載小説紹介

現在最重点連載

=================================================

逝く者、いくもの

逝く者、いくもの【幕末…箱館政権】
◆政府参与の木戸はある日、全てを捨て、北に走った。 回天に乗り箱館に渡った木戸は、名を和田小五郎と名乗り医者見習いとして箱館病院で療養しつつ医師高松の手伝いをする。明治2年蝦夷地箱館において木戸と箱館の面々のお話。土方・大鳥・本多・高松などがメイン。

【現在】 全編修正。・・・2017/3/6更新
箱館に到着までの過程!前編7章は近日中公開予定

探偵事務所

松菊探偵事務所  【第二部】

▼明治7年、政府参議を辞任したつもりの木戸孝允が飯田町に設立した「探偵事務所」今回は維新の攘夷事件解決に挑みます。

最新 2014/07/31 【22章】更新

橘の花

橘ノ花  【第二部】

▼時代は戦国。駆け出しの戦国大名織田信長と、その守役で筆頭家老の話。シリーズ二弾【清州編】
側室るいの復讐と悲恋!

最新 2014/07/03 【17章】更新

アイコン 小説館更新履歴

2017/03/06
連載「逝く者、いくもの」 (明治)全編加筆修正 更新
2016/08/26
短編「天からの贈り物」(木戸孝允誕生日祝作品) (幕末)更新
2016/7/5
連載「井上馨の秘書官」4章 (箱館・・明治)更新
2013/02/01
本運営開始

アイコン 小説カテゴリー

駄絵部屋

声部屋

アイコン  飛鳥・奈良

中臣鎌足・額田王・厩戸皇子・藤原不比等作品が多め。ショートから長編まで幅広く取扱い。

【連載中】

・時空の彼方から[時雨編] ・時空に彼方から[巫女編]

アイコン  平安・鎌倉

藤原道長・源義経・頼朝・平時忠・清盛あたりがメイン。ショートから長編まで幅広く取扱い。

【休止中】

・約束-鎌倉夢伝説-[駒王編]

アイコン  戦国 (夏の月シリーズ)

織田信長とその筆頭のシリーズ「夏の月」がメイン。へなちょこ信長の成長に合わせて[子ども編][清州編][岐阜編][安土編]と区分けしている。

【連載中】

・[清州編] 橘ノ花・・・第二部

アイコン  戦国・江戸

戦国は家康と瀬名/ねねと秀吉の愛憎劇がメイン。
その他に戦国期の話を短編で掲載。
お江戸は五代綱吉周辺がメイン。

【休止中】

・花波-家康と瀬名-

アイコン  幕末 

長州・新撰組・箱館政権がメイン
新撰組は小話、長州は桂小五郎を中心。箱館は大鳥・本多の伝習隊中心。

【休止中】

・宵二咲ク花ノ如シ

アイコン  明治・大正 

木戸孝允中心で明治政府の面々と長州閥中心。
洋行以降から佐賀の乱・萩の乱・西南戦争、大正期はガタ閥メイン。箱館メンバーや早稲田、開拓使。

【連載中】

・松菊探偵事務所・・・第二部

  • 飛鳥
  • 鎌倉
  • 戦国
  • 江戸
  • 幕末
  • 明治
  • 大正

▼飛鳥・奈良時代メモ

現在はタイムスリップ物とスピンオフばかりを書いています。
【時空の彼方】は最後は決まっていますが、いったいどこまで続くのか・・先が見えなくなっています(涙)
大化の改新の序章でもある乙巳の変までは進みたい……[2年計画?]鎌足の話も書きたいです。

▼鎌倉・室町時代メモ

頼朝・義経兄弟が仲が良く、義経は兄大好き人間設定で源平合戦を。伝説通りに義経を生かしたいと思っていたり。
平清盛・時忠義兄弟の暗躍が書きたいと思い中。大姫・義高のお話は【連載休止中】です。
鎌倉幕府滅亡の際の北条一族や、足利一族の内紛も好み。

▼戦国・安土桃山時代メモ

書きたいテーマがあり過ぎる時代。現在は織田信長の周辺を書き中ですが。へたれ信長を書きたい衝動にかられ中です。
お市と浅井三姉妹、北政所ねねの復讐話など構想はありますが、進まない……(涙)
当分は吉法師と筆頭の葛藤と愛憎話メイン。

▼江戸時代メモ

歴代将軍話を書きたい。特に吉宗。この何かといろいろと黒い話がある人物と加納の義兄の話を。
振袖火事の話の構想があるのですが・・・これもいつになったら(涙)

▼幕末期メモ

新撰組(鬼副長)と長州閥(桂さん)がメイン。現在は箱館政権をひたすら追い、旅をし、現地資料を確保中。
来年は萩にいこうと本気で思い中。禁門の変の際の御所内部の距離感をようやく掴めたこの頃。
逝く者~が終わったら、「高杉と桂」第二部を書こうかな、と。

▼明治時代メモ

明治新政府の長州閥中心。この頃は大隈ら佐賀メンバーが登場中。大鳥、福沢の適塾コンビに箱館政権メンバーも書いています。
明治10年以降は長州四天王中心(主に携帯サイトで更新)
木戸さん生きのびるバージョンで西南戦争(お付きは本多くんと犬養!)を連載する予定です。

▼大正時代メモ

ガタ閥メイン(主に携帯で)小田原の御前とその忠実な側近が中心。
時折、犬養と古島を書きたくなる!政府と陸軍メイン。